毛穴のたるみ改善コスメ調査隊

毛穴のたるみ改善コスメ調査隊

アンチエイジングコスメで毛穴のたるみを撲滅!

HOME » たるみ毛穴をゼロにするには » 毛穴のタイプを知ろう

毛穴のタイプを知ろう

毛穴のたるみの原因を追究するために、毛穴にはどんなタイプがあるのかを知っておくことが大切。

毛穴にはどんなタイプがあるの?

ひとことで毛穴といっても、実は千差万別、同じ人はいないのです。つまり、たるみの原因もひとことでは片付けられないということ。

毛穴のタイプを知らなければ最適なたるみ対策をとることもできませんね。そこで、毛穴にはどんなタイプがあるのかを詳しく調べてみました。

自分の毛穴はどのタイプなのか、その原因はどこにあるのかをわかりやすく説明していきます。

あなたはどのタイプにあてはまるでしょうか。

代表的な毛穴のタイプ4種

ここでは、最も代表的な毛穴のタイプを4つ、ピックアップしています。
それぞれの毛穴に付いて、どのような状態にあるのか、どんなことが原因で起こっているのか、またそれに適した改善策にはどのようなものがあるのかを説明しましょう。

黒ずみ毛穴

毛穴の黒ずみが気になる人は結構多いですね。ブラックヘッドとも呼ばれるこの黒ずんだ毛穴は、ファンデーションを塗ってもなかなかうまく隠せませんし、なによりも不潔に見えてしまいます。

黒ずみの正体は?】

汚れと一体化して固まった皮脂(角栓)

【黒ずみの原因は】

  • 手抜きクレンジング…汚れやファンデが残っている
  • 洗顔後のスキンケア不足…肌のうるおい不足
  • 新陳代謝が悪い…汗をかきにくく汚れや老廃物がうまく排出されない
  • 肌の乾燥…毛穴の働きが落ちて皮脂や老廃物の排出機能が落ちてしまう

【黒ずみ毛穴のケアは】

毛穴パックや指で出すのは逆効果の場合も。お風呂タイムを利用したりして皮膚をゆっくり温めて柔らかくした状態でのクレンジングがオススメ。
その後は、保湿などのケアをしっかりと。

たるみ毛穴

若い頃は締まっていた毛穴が開いてきたように感じるのは年齢サイン。ハリのない肌は毛穴もたるみがちです。

【たるみの正体は?】

肌のたるみ

【たるみの原因は?】

  • コラーゲン不足
  • 洗顔後のスキンケア不足
  • 肌の乾燥
  • 肌のターンオーバー機能の低下

【たるみ毛穴のケアは】

肌の保水力が低下して潤いやハリが失われてしまった結果みられるのがたるみ。
そこで、必要なのはコラーゲンやヒアルロン酸といった成分。化粧品で取り入れる方法もありますが、基本的には、肌の表面しか保湿されないため、
細胞そのものを活性化させる、内側からのケアができるコスメがおすすめです。

帯状毛穴

小さかった毛穴がいつの間にかくっついて繋がってる!?驚いたことはありませんか。
小じわが目立ってきたと感じているあなたの毛穴は、もしかすると帯のように繋がってしまっているかもしれません。
これは、毛穴のたるみが進行して酷くなった状態。年齢肌の大敵です。

【つながり毛穴の正体は?】

肌のたるみの悪化

【つながり毛穴の原因は?】

  • 肌の乾燥
  • 肌のターンオーバー機能の低下
  • コラーゲン不足

【つながり毛穴のケアは?】

肌のターンオーバーを活性化させることが必須です。
コラーゲンの減少に伴って皮膚のターンオーバー機能も低下すると、肌はハリや弾力をどんどん失っていきます。
肌の内側から、しっかりとケアできるコスメの使用や食生活をし、肌そのもののコラーゲンやヒアルロン酸を増やすお手入れを心がけましょう。

メラニン毛穴

触ってみるとざらざらするわけではないのになんだか黒い毛穴。
これは、角栓ではなく色素(メラニン)が沈着してしまった毛穴です。
毛穴の入り口にメラニン色素が沈着してシミのようになった状態で、放置すると毛穴のたるみやつながり毛穴の原因となります。

【色素毛穴の正体は?】

メラニン色素

【色素毛穴の原因は?】

  • 紫外線対策不足
  • 新陳代謝が悪い
  • 洗顔後の流しが足りずに洗顔料が残っている
  • 角栓を指やパックで頻繁に除去したり顔をゴシゴシ拭くなどの過度の刺激

【色素毛穴のケアは?】

一番有害なのは紫外線。ですから、紫外線対策は徹底的に行いましょう。
化粧品やクリームだけでなく、帽子や日傘なども忘れずに。
また、美白用のケアをすることでシミが薄くなることが期待できます。
もちろん、日常生活であまり刺激し過ぎないようにすることや、栄養バランスにも気を付けましょう。
時間をかけてゆっくりと薄くしていくのが色素毛穴のケア法です。