毛穴のたるみ改善コスメ調査隊

毛穴のたるみ改善コスメ調査隊

アンチエイジングコスメで毛穴のたるみを撲滅!

HOME » たるみ毛穴をゼロにするには » 効果的な成分を知る

効果的な成分を知る

毛穴のたるみは、肌の保水力が失われることによって起きてしまうもの。ここでは、毛穴のたるみを改善するために知っておきたい、効果的な成分について説明しています。

コラーゲン・エラスチンの毛穴のたるみへの効果とは

お肌に良い成分として、よく挙げられるコラーゲン。さまざまな化粧品に配合されています。

コラーゲンの毛穴のたるみへの効果として1番のポイントが、お肌を引き締める効果があるということ。毛穴のたるみは、お肌の潤いが失われ、ハリや弾力がなくなることで起きてしまうものです。

また、コラーゲンと切っても切れない深い関係にあるのがエラスチンという成分。

エラスチンはコラーゲンとともにお肌に潤いをもたらす成分。コラーゲンと同様加齢と共に減少していってしまいます。

コラーゲンをサポートする成分なので、2つが合体することで、より一層お肌にハリや潤いを与えてくれるようになります。

急速に減少するグロースファクターの驚くべき効果

毛穴のたるみの原因といわれているものに、コラーゲンの減少があります。

肌のハリや潤いを与え弾力を取り戻すとされるコラーゲンが年齢とともに減っていき、肌がやせ細り元気を失っていきます。

しかし、さらなる研究の結果、コラーゲン不足だけではなく「グロースファクター」という物質の減少も関係していることがわかってきました。

肌の細胞を活性化するグロースファクターと、相乗効果のある成分を一緒に使うことで、生化学的な見地からアプローチする時代へと変化しつつあります。

さらに、このグロースファクターをさらに効率よく肌に浸透させる技術の開発で、肌の奥深くまで到達する高機能美容液も生まれました。

これまでコラーゲンやエラスチンを含んだ製品は数々ありましたが、技術や研究の進歩によって細胞の本質から働きかける美容液の登場で毛穴のたるみ対策はさらにハイレベルなものになったといえるでしょう。

ではそのグロースファクターとはどんな成分?

グロースファクターとは、人が本来持っている細胞を作り出すためのたんぱく質成分です。

お肌を作る代表的なたんぱく質成分は3つ

  • EGF…表皮細胞増殖因子
  • FGF…繊維芽細胞増殖因子
  • IGF…インシュリン様増殖因子

人の皮膚には表面近くにある表皮細胞とさらに深い部分にある線維芽細胞があります。
表皮細胞はキメを整え外からの刺激から保護する役目をしていて、線維芽細胞が肌のハリや弾力を生み出す皮膚の基礎部分と考えるといいでしょう。グロースファクターは、これらの細胞を活性化する働きを持っています。

特にEGFの発見は1986年にノーベル賞を受賞し、火傷や角膜切開などの治療など医療の現場で使用されヒトオリゴペプチドとよばれています。

若返りの注目成分ともいわれていて、皮膚の細胞の再生能力を高めると注目の成分なのです。